2024.07.09

家を買うタイミングはいつがベスト?購入時期の基準を解説

家を買うタイミングは、それぞれのライフプランによって異なります。しかし、一般的な基準は、年収や貯金額、年齢、世帯人数、ライフステージなどが挙げられます。

そのなかでも購入するにベストな時期は、世帯年収600万円台後半から700万円台後半、貯金1500万円前後、子どもが乳幼児の時期です。また、住宅価格や金利、所得といった要素も購入のタイミングを左右します。

一戸建てとマンションではメリット・デメリットが異なるほか、新築と中古でも特徴が異なるため、それぞれのライフスタイルに合わせて選ばねばなりません。

自分に合ったベストな家の購入タイミングを知るためにも、購入時期の基準について理解を深めておくことが重要です。ここでは、家を買うタイミングについて詳しく解説します。

家を買うタイミングの決め方

家を買うタイミングを決める際は、年収、貯金額、年齢、世帯人数、ライフステージなど、さまざまな要因を考慮する必要があります。

個人のライフプランや経済状況によって異なるため、一概に正解はありません。しかし、一般的な基準を知っておくことで、自分に合ったタイミングを見極めやすくなります。

家の購入は、人生で最も大きな買い物のひとつであり、慎重に検討すべきタイミングです。ここでは、それぞれの基準について詳しく解説し、家を買う最適なタイミングを見つけるためのポイントを紹介します。

これらの情報を参考にしながら、自分のライフプランに合わせて納得のいく購入を実現しましょう。

年収を基準に考える

家を購入する際の目安となる世帯年収は、600万円台後半から700万円台後半です。住宅ローンの審査では、年収の20〜25%程度を上限とした返済額が設定されるため、年収が高いほど借入可能額が増え、選択肢が広がります。

一方で、年収が低い場合でも頭金を多めに用意したり、返済期間を長くしたりすることで、無理なく購入できる場合もあります。

年収は家を買う際の重要な判断材料ですが、ライフプランに合わせて柔軟に考えることが大切です。将来的な収入の見通しやライフイベントに伴う支出なども考慮しながら、長期的な視点で購入のタイミングを検討しましょう。

貯金額を基準に考える

家を購入する際の目安となる貯金額は、約1500万円前後とされています。この金額は住宅ローンの頭金として一般的に求められる2割から3割程度に相当する形です。

頭金を多く用意できれば、借入額を抑えられるため、毎月の返済負担を軽減できるというメリットがあります。ただし、貯金額だけでなく、ライフプランや将来の収支見通しなども考慮しなければなりません。

子どもの教育費や老後の生活費など、他の資金需要とのバランスを取りながら、無理のない範囲で頭金を準備することが大切です。また、頭金を貯めるために購入時期を先延ばしにすると、物件価格の上昇や金利の変動によって負担が増える可能性もあるため注意しましょう。

年齢を基準に考える

家を買うタイミングは年齢を基準に考えることも重要です。ここでは、20代〜50代までの購入基準について詳しく解説します。

20代

20代で家を購入するメリットは、若いうちから資産形成を始められることです。住宅ローンの返済を早期に開始することで、将来的には繰り上げ返済や借り換えによって金利負担を軽減できるほか、ライフプランに合わせた柔軟な資金計画が立てられます。

また、結婚や出産などのライフイベントを控えている場合、家族の成長に合わせた住まいを選べるというメリットもあります。

ただし、20代は収入が不安定な時期でもあるため、無理のない返済計画を立てることが重要です。頭金の準備やライフイベントに伴う支出なども考慮しながら、慎重に購入を検討しましょう。

30代

30代は家の購入がもっとも多い年代とされています。この時期は結婚や出産などのライフイベントを経て家族構成が安定し、収入面でも一定の基盤ができてくることが多いです。したがって、家の購入には適したタイミングといえます。

また、30代で購入すれば、60歳前後までには住宅ローンの返済を終えられる可能性が高く、老後の生活設計もしやすくなるといえるでしょう。

ただし、子育てや教育費など、支出が増える時期でもあるため、長期的な視点で資金計画を立てることが重要です。将来の収支見通しを踏まえつつ、無理のない返済計画を立てましょう。

物件選びでは子どもの成長に合わせた間取りや、利便性の高い立地なども重視することをおすすめします。

40代

40代で家を購入する場合は、子育てや教育費などの支出がピークを迎える時期と重なるため、資金計画には十分な注意が必要です。一方で、収入面では安定期に入っているケースが多く、貯蓄や資産形成も進んでいるため、頭金を多めに用意できる可能性があります。

また、住宅ローンの借入期間が短くなるため、返済負担は重くなります。しかし、総支払額を抑えられるという点がメリットです。

40代で購入する場合はライフプランに合わせて物件を選ぶことが重要です。子どもの独立や老後の生活を見据えた間取りや立地を検討し、ライフスタイルの変化に柔軟に対応できる住まいを選びましょう。

50代

50代で家を購入する場合は、老後の生活を見据えた物件選びが重要です。この時期は子どもの教育費や結婚資金などの大きな支出が一段落し、貯蓄や資産形成も進んでいるケースが多くなります。

資金面では余裕がある時期といっても過言ではありませんが、定年退職後の収入減少を考慮し、無理のない資金計画を立てることが大切です。住宅ローンの借入期間は短くなりやすいので返済負担は重くなりますが、繰り上げ返済などで計画的に返済を進められます。

物件選びではバリアフリーや介護対応など、将来を見据えた設備や間取りを重視しましょう。また、管理の手間が少ない物件を選ぶことで、老後の生活をより快適に過ごせます。

世帯人数を基準に考える

世帯人数は家を購入する際の重要な判断材料のひとつです。

一般的に居住スペースは世帯人数が多いほど広くなるため、購入する物件の広さや間取りに影響します。また、ファミリー向けの物件は子育てに適した環境や利便性の高い立地が重視されるため、価格帯が高くなる傾向です。

一方で単身者や夫婦のみの世帯の場合は、コンパクトな物件でも十分に暮らせるケースが多く、価格面でもメリットがあります。世帯人数に合わせて、十分な広さの物件を選ぶことで無駄のない資金計画を立てることが可能です。

また、将来的な世帯人数の変化も見据えて、柔軟に対応できる物件を選ぶと良いでしょう。

ライフステージを基準に考える

家を購入するタイミングは、ライフステージを基準に考えることも重要です。結婚をはじめ、妊娠・出産、子どもの進学、子どもの独立など、人生の重大イベントを目安にすることも重要なポイントになります。

ここでは、各ライフステージでの考え方について詳しく解説します。

結婚

結婚を機に家を購入するカップルは少なくありません。とくに共働きの場合は、2人の収入を合わせて住宅ローンを組めば、購入のハードルを下げることが可能です。

また、結婚を機に生活スタイルが大きく変化するため、新生活に合わせた物件選びができるというメリットもあります。

一方で結婚後の生活設計をしっかりと立てることが重要です。将来的な出産や子育てを見据えた間取りや立地を検討し、ライフプランに合わせた資金計画を立てましょう。

なお、結婚をした後は両家族とのコミュニケーションも大切になります。それぞれの理解と協力を得ながら、2人で納得のいく物件選びをすることが大切です。

妊娠・出産

妊娠・出産を機に家を購入するカップルは多いです。子育てに適した環境を求めて、庭付きの一戸建てや、子育て支援施設が充実したマンションを選ぶ傾向にあります。また、子ども部屋や家族団らんのスペースを重視した間取りが好まれます。

しかし、妊娠や出産のタイミングでは、出産や子育てに伴う支出が増加するのが一般的です。支出を考慮し、無理のない資金計画を立てることが必要になります。

出産後のライフスタイルの変化に柔軟に対応できるよう、将来を見据えた物件選びを心がけましょう。また、子育てに適した立地を選ぶことで、日々の生活をより快適に過ごせます。

保育園や幼稚園、小児科など子育て支援施設へのアクセスのよさで選ぶことも重要なポイントです。

子どもの進学

子どもの進学を機に家の購入を検討する家庭も少なくありません。とくに学区が変わる場合や通学距離が長くなる場合は、子どもの教育環境を重視した物件選びが重要です。

また、子ども部屋の確保や学習スペースの設置など、子どもの成長に合わせた間取りを検討する必要があります。

一方で、教育費の増加を見据えた資金計画が欠かせません。奨学金や教育ローンなどの教育資金の調達方法も合わせて検討し、無理のない範囲で物件を選びましょう。

子どもの進学を機に家を購入する場合は、将来的な家族構成の変化も見据えて、柔軟に対応できる物件を選ぶことが賢明です。

子どもの独立

子どもの独立を機に家の購入を検討するケースもあります。子どもが巣立った後の生活を見据えて、夫婦2人に適したサイズの物件を選ぶ人は珍しくありません。老後の生活を快適に過ごすためにも、バリアフリーや介護対応など、設備面に注目することが重要です。

子どもの独立後は教育費などの大きな支出が減るため、資金面での余裕が生まれますが、定年退職後の収入減少を見据えて、無理のない資金計画を立てましょう。

子どもの独立を機にライフスタイルに合わせた物件選びを行い、老後の生活を豊かに過ごせる住まいを選んでください。

家の買いやすさが決まる要素

家の買いやすさを決める要素としては、住宅価格、金利、所得の3つが重要です。

住宅価格が上昇すると手が届きにくくなり、金利が高くなると支払総額が増えるため、いずれも購入のハードルが上がります。一方で所得が増加すれば、購入の選択肢が広がるというメリットがあります。

これらの要素はマクロ経済や金融政策の影響を受けるため、動向を注意深く見極めなければなりません。また、地域や物件によっても価格や金利の条件が異なるため、自分の希望に合った物件を探すことが大切です。

住宅価格や金利、所得のバランスを考慮しながら、資金計画を立て、無理のない範囲で家の購入を検討しましょう。ここでは、家の買いやすさが決まる要素について詳しく解説します。

住宅価格

住宅価格は家の買いやすさを左右する重要な要素です。住宅価格が上昇すると、同じ予算でも手が届く物件の選択肢が限られてしまいます。

とくに都市部では地価の高騰により住宅価格が高止まりしているため、購入のハードルが高くなっています。一方で地方都市は比較的手頃な価格の物件が多く、選択肢が広がるのがメリットです。

住宅価格は地域や物件によって大きく異なるため、自分の予算に合った物件を探すことが重要になります。中古物件やリノベーション物件など、新築以外の選択肢も検討し、より手頃な価格で家を購入することも考えておくべきでしょう。

ただし、リフォームや修繕にかかる費用を考慮する必要があります。住宅価格は地域や物件によって大きく異なるため、そのまま生活ができるのかどうかを見極めなければなりません。

また、長期的な視点で住宅価格の動向を注視し、適切なタイミングで購入することも重要になります。どんなときも住宅価格を注意深くチェックし、購入すべきタイミングを逃さずに行動することが大切です。

金利

住宅ローンの金利は家を購入する際にきわめて重要な要素のひとつです。

金利は高くなると支払総額が増加し、長期的な返済負担が重くのしかかります。住宅ローンは長期の借り入れになるため、金利の変動が与える影響は非常に大きいといえるでしょう。

金利の上昇は月々の返済額が増加し、家計を圧迫する可能性があります。とくに変動金利を選択した場合、金利の変動リスクを負うことになるため注意が必要です。

反対に金利が低くなると、支払総額を抑えられるため、より無理のない返済計画を立てられます。しかし、将来的な金利上昇リスクを考慮し、固定金利と変動金利のメリット・デメリットを慎重に検討することが重要です。

また、金利動向を注視しながら返済シミュレーションを行い、無理のない資金計画を立てることも忘れてはいけません。住宅ローンの専門家に相談し、自分に合った借入条件を選択することも大切な検討事項のひとつといえるでしょう。

金利の動向は経済情勢によって大きく左右されるため、マクロ経済の動向も注目しておく必要があります。

金利の選択肢は、固定金利と変動金利の2種類があります。固定金利は金利が一定期間固定されるため、返済額の予測がつきやすい点がメリットです。変動金利は金利が市場の動向に応じて変動するため、金利が下がればお得になる可能性がある反面、上昇すれば返済負担が増すリスクがあります。

したがって、自分のライフプランや収入の見通し、リスク許容度に合わせて、適切な金利タイプを選択することが重要です。

金利は住宅購入の重要な要素ですが、金利のみに惑わされず総合的な視点で住宅購入を検討することが大切です。返済期間や自己資金の割合など、さまざまな要素を考慮し、無理のない資金計画を立てましょう。

所得

所得は家の購入を検討する際にきわめて重要です。所得が高いほど住宅ローンの借入額を増やせ、より広い選択肢の中から物件を選べます。また、所得が安定していれば、長期的な返済計画を立てやすく、安心して家の購入を検討することが可能です。

銀行の住宅ローン審査では、所得に対する返済負担率が重視されます。返済負担率とは、年収に対する年間住宅ローン返済額の割合のことです。負担率が高すぎる場合、審査に通らない可能性があるため、所得に見合った物件選びが必要不可欠です。

一般的に返済負担率は、年収の25%〜30%程度が上限とされています。

一方で所得が不安定な場合は、将来的な返済負担を慎重に見極める必要があります。収入の変動に備え、ゆとりのある返済計画を立てることが賢明です。共働きの場合は2人の収入を合わせて住宅ローンを組み、購入のハードルを下げることを検討しましょう。

ただし、将来的な収入の変化にも備え、リスク管理を怠らないことが大切です。

所得の状況を正確に把握するためには、年収だけでなくボーナスや副収入、将来的な収入の見通しなども考慮する必要があります。また、支出面でも、現在の生活費や将来的な支出予定を把握し、返済計画に反映させることが重要です。

住宅購入後も所得の状況は常にモニタリングが必要です。収入が減少した場合や支出が増加した場合は、すみやかに返済計画の見直しを検討しましょう。場合によっては、繰り上げ返済や借り換えなどの選択肢も視野に入れてください。

一戸建てとマンションを比較

家の購入を検討する際は、一戸建てとマンションのどちらを選ぶかが重要なポイントになります。それぞれにはメリット・デメリットがあるため、自分のライフスタイルや予算に合わせて選ばなければなりません。

一戸建てはプライバシーが確保しやすく、庭や駐車場などの専用スペースが確保できるというメリットがあります。マンションはセキュリティや共用施設が充実しており、管理の手間が少ないという点がメリットです。

また、立地や価格帯も大きく異なるため、重視するポイントを明確にしておきましょう。一戸建てとマンションのメリット・デメリットを比較検討し、自分に合った選択をすることが大切です。

ここでは、一戸建てとマンションの特徴について詳しく解説します。

一戸建てのメリット・デメリット

一戸建ての最大のメリットは、プライバシーが確保しやすく自由度が高いことです。庭や駐車場などの専用スペースを確保できるほか、ペットを飼うこともできます。

また、間取りや設備を自分の好みにカスタマイズできるため、理想の住まいを実現しやすいというメリットもあります。広い敷地を活かして、家庭菜園や趣味のスペースを設けることもできるでしょう。

デメリットとしては維持管理の手間とコストがかかることが挙げられます。定期的なメンテナンスや修繕が必要となり、費用も自己負担となります。また、一般的にマンションに比べて価格が高く、敷地面積も広いため、購入のハードルが高くなるでしょう。

くわえて、周辺環境の変化に左右されやすく、プライバシーが確保される反面、コミュニティの形成が難しい場合もあります。

マンションのメリット・デメリット

マンションの最大のメリットは、管理の手間が少なくセキュリティや共用施設が充実していることです。管理会社が建物の維持管理を行うため、住民の負担が軽減されます。

また、オートロックやセキュリティ対策が施されているため、安心して暮らせるというメリットもあります。共用施設として、ジムやラウンジ、ゲストルームなどが設けられているマンションもあり、快適な暮らしを楽しむことが可能です。

デメリットとしては専有部分が限られており、自由度が低いことが挙げられます。間取りや設備の変更に制限があり、ペットの飼育が禁止されているケースもあるので注意が必要です。

また、管理費や修繕積立金などの固定費がかかるため、長期的な支出を考慮する必要があります。さらに上下左右に隣接する住戸があるため、生活音が気になる場合もあるでしょう。

新築住宅と中古住宅を比較

家の購入を検討する際は、新築住宅と中古住宅のどちらを選ぶかが重要です。両者にはメリット・デメリットがあるため、自分のライフスタイルや予算に合わせて選ぶ必要があります。

新築住宅は最新の設備や技術を採用しており、快適性や省エネ性に優れている点がメリットです。中古住宅は新築に比べて価格が手頃であり、立地や間取りの選択肢が広いというメリットがあります。

また、新築住宅は完成までに時間がかかるのに対し、中古住宅はすぐに入居できる点もメリットといえるでしょう。新築住宅と中古住宅のメリット・デメリットを比較検討し、最適な決断を下してください。

ここでは、新築住宅と中古住宅の特徴について詳しく解説します。

新築住宅のメリット・デメリット

新築住宅の最大のメリットは最新の設備や技術を採用しており、快適性や省エネ性に優れていることです。断熱性能や耐震性能が高く、長期的に安心して暮らせます。

また、自分の好みに合わせて間取りや設備をカスタマイズできるため、理想の住まいを実現しやすいという点もメリットです。

新築住宅は住宅保証や瑕疵担保責任の対象となるため、万が一の不具合にも対応してもらえる安心感があります。さらに新築時点で最新の省エネ基準を満たしているため、光熱費の節約にもつながるでしょう。

デメリットとしては価格が高いことが挙げられます。近年は土地代や建築費が高騰しており、購入のハードルが高くなっています。また、完成までに時間がかかるため、すぐに入居できないという点も考慮しなければなりません。

さらには周辺環境が整っていない場合もあるため、利便性の面で妥協が必要になることもあるでしょう。

中古住宅のメリット・デメリット

中古住宅の最大のメリットは、新築に比べて価格が手頃であることです。同じ予算で広い物件や立地の良い物件を選べるため、選択肢が広がります。

また、すぐに入居できるため、スケジュールに合わせて柔軟に計画を立てられるという点もメリットです。

中古住宅は周辺環境がすでに整っていることが多く、利便性の高い立地に住めます。さらに物件によっては、前所有者による設備の更新やリフォームが行われているため、費用を抑えながら快適な住まいを手に入れられる可能性が高いです。

デメリットとしては、建物の劣化や設備の老朽化が挙げられます。購入後のリフォームや修繕にコストがかかる可能性があるため、長期的な視点で検討しなければなりません。

また、間取りや設備が自分の好みに合わない場合、変更に制限がある点も考慮しておく必要があります。さらに物件の状態によっては、隠れたトラブルが発生する可能性もあるため、入念な調査が欠かせません。

家を買う際にあわせて、住む場所も検討します。子どものいる家庭やこれからつくる予定のある方は、子育てのしやすい場所を選びましょう。こちらの記事では、神奈川県の子育てしやすい街について解説しています。子育て支援やしやすい特徴も取り上げているため、ぜひあわせてご覧ください。

まとめ

家を買うタイミングは人それぞれ異なりますが、一般的な基準としては年収や貯金額、年齢、世帯人数、ライフステージが挙げられます。

住宅価格や金利、所得のバランスを考慮しながら、無理のない資金計画を立てることが重要です。また、一戸建てとマンション、新築住宅と中古住宅にはそれぞれメリット・デメリットがあるため、自分のライフスタイルや予算に合わせて選びましょう。

家の購入は人生の中で大きな決断のひとつです。中古物件を購入してリノベーションを検討されている方は、ぜひRE:daysにご相談ください。

購入から資金、物件にまつわる疑問をすべて解消し、最適なプランをご提案いたします。